Simple Is Beautiful.

ようこそ陶房八十一へ。

シンプルであることは美しい。

器とは、あくまで料理(あるいは花など)を引き立たせるための“着物”でしかありません。 料理を邪魔しないシンプルなデザインこそ、長く飽きずに使っていただける器。ぱっと見の印象だけでは、真の良さは理解しにくいものです。ともするとその単純さゆえに、注目されにくいこともあります。しかし、その制約の中でいかに個性を発揮していくか、工芸作家としての力量が問われるところだと考えています。

ごあいさつ

有田、唐津と修業に赴き、生まれ育った土地、宮崎で、焼き物を始めました。 もともと宮崎というところは、焼き物には不適切な(つまり良い陶土が採れない)ところです。しかし、豊かな自然と、少々のんびりした人柄の、ホッと一息つ けるような雰囲気を持った場所です。  そんな宮崎らしさを、私なりに焼き物で現せないかと日々作陶に励んでいます。

特徴

焼き物と一口に言っても、作家さんそれぞれにこだわりがあります。土にこだわる人,焼きにこだわる人,釉薬にこだわる人。やそいちの場合、第一に“美しい形”にこだわっています。 ここでは,蹴ろくろを中心にした造形と焼成過程でのこだわりをご紹介します。

普段の生活に潤いを。

温かみのある白い食器。包容力のある黒天目。あなたの料理をいっそう引き立たせるのは、やはりシンプルな器です。 贈り物にも、シンプルで飽きの来ない器はいかがですか?やそいちの器は、余計な装飾はいたしません。 健やかな食卓を演出するのは、シンプルで美しい器です。 作り手と使い手を直接結び、安価で良い器を提供いたします。

create your lifestyle

やそいちの提案

1. 自然を感じる生活
2. 幸福度優先の日常
3. お金をかけない生き方
4. 価値観の転換

5. 信用と信頼
6. 本当に大切なもの
7. 古くて新しい生活様式
8. 平和

お客様の声

「数年前に体調を崩してから主食を未精白のご飯に変えました。
当然おかずもご飯に合うものなので季節のお野菜中心の和食なのですが、食事の内容にはこだわっても、子供が3人いるので器に特にこだわるつもりもありませんでした。 でも、今回白い器、とても気に入りました。HPではちょっとよそゆきな感じかな、と思いましたが実際届いてみると、気取らない、自然な雰囲気で品のある普段使いの器という感じがしました。 白い器はどんなおかずを盛っても映えるし、ほかの器も欲しくなりました。 お気に入りの器で、 楽しんで食べるための演出をするのも毎日の食事の時間を豊かにしてくれるものだと今回あらためて感じています。 写真は、ご本人の手料理(地元八尾の若ごぼうと油揚げの炒め煮)と「白さつま方形鉢」です。
K.S.さん 30代会社員
大阪府・八尾市
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Vestibulum erat nulla, ullamcorper nec, rutrum non, nonummy ac, erat. Etiam dictum tincidunt diam.
Martha Marx
Journalist

ブログ

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム