綾(広沢ダム)〜奈佐木峠〜綾南川ツーリング

5月12日、あまりの快晴に前から気になっていたツーリングに出かけました。
倉輪地区から広沢ダムへ抜け、浦之名川を遡って奈佐木峠へ、そこから更に登って七熊山東側を巻く林道を綾南ダムへ抜けて綾南川を降って帰ってくるルートです。


清々しい五月晴れ

9時過ぎに出立。ちょっと用事を済ませて、いざ。前回、4年前は上畑から倉輪へ登ったのですが、今回全面通行止めのため、宮ノ谷から二反野、倉輪へ。


ここから綾照葉大吊り橋へ。


二反野へ上がってきた。


宮ノ谷から二反野へは、いきなりの急坂が待っていますが、難なくクリア。場所によっては10%越えか。

牛舎や豚舎が並ぶ。


綾の山並みを望む。


二反野から倉輪地区へ。典型的な日本の田舎の風景。

倉輪地区


広沢ダム


倉話から登り詰めると広沢ダムに出ます。かなり大きなダム。
ここまで1時間ちょっと。
ダムに流れ込む浦之名川を辿るルートを取ります。

基本一本道ですが、途中分かれ道あり。上に行くルート下るルートがありますが、正解は下るルート。
一見、登る方が広くて正解の様に見えますが、散々登らされた挙句に行き止まりですので、注意。
地図では通り抜けられる様に見えますが、ゲートがあって通れません。

気を取り直して、広沢から県道401号線へ。
ここからは車線幅1.5の、渓流沿いを快適に走ります。

広沢から浦之名川へ。上流を望む。


広沢から浦之名川へ。下流を望む。


県道401号線。


標識有り。


この道が実に気持ちがいいのです。



どうです?

こんな感じの田舎道。車もほとんど通りません。
しばらく行くと、内山地区へ。

ここを右折。


小さな集落があります。

内山からこれから行く奈佐木峠方面を望む。


内山の集落が切れるところで、新しい2車線の道を登っていきます。
傾斜はまあまあ。距離は短いのでそんなにキツくはありません。平均8%くらいでしょうか。
しかし、車は少ない上に、景色は良い。自転車天国です。

お昼頃、奈佐木峠手前に到着。
ここから左折して下ると、小林〜須木のR265に出ます。
前回はそのルートを取ったのですが、今回は右折して七熊山を目指して更に登ります。

登ってきた奈佐木峠を振り返る。


傾斜は更にキツくなっていきます。場所によっては10%くらいのところも。
が、景色も更に素晴らしくなっていきます。

それにしても、2車線の立派な道で、道沿いにはカエデや桜が植林されています。車は2台しかすれ違いませんでした。典型的な税金の無駄遣いの様な道ですが、自転車野郎がありがたく利用させていただきます。

どうです!この景色!韓国岳方面を望む。


ひゃっほー!


ここでしか見れない、雄大なパノラマ。


途中、「塩の道」と言う謎の立て看あり。どうやら七熊山の登山口らしい

七熊山登山口




峠を過ぎると、綾南ダムのダム湖が見えてきた。


更にグイグイ登って行くと、峠らしき場所を越え、次は落ちていきます(笑)

遠くには大森岳が。

落ちていく・・・


大森岳を望む。


激坂を下ると、県道26号線に出ます。後は綾まで下るだけ。

樹間から綾南ダムが見えます。


15時に上畑の「やわらや」さん到着。コーヒーを頂いて、心地よい疲れに浸りました。

本日の走行距離 80km
平均速度 16.3km/h
最高速度 45.3km/h

中小企業家同友会全国協議会 綾ツアー

今日は11〜12日と宮崎市シーガイアで開催された中小企業家同友会全国協議会、定時総会後、オプショナルツアーとして無料情報誌「みちくさ」さんと共に、綾の工房巡りを計17名の会員の方々をご案内しました。


まずはわくわくファームにてランチ。

僕もご一緒させて頂いたのですが、同席させて頂いた方々は皆岩手の方々で、お話が面白い!

案内人である僕の方が楽しませて頂きました。

陸前高田ドライビング・スクールの田村さんはとてもおちゃめ!「独りで出掛けたくても、奥さんがすぐに聞いてくる」とおのろけ(^_-)

巴染工の東條さん、自転車が趣味、ということで仁科さんと共に自転車談義に花が咲きました。年代も近いので、機会があれば一緒にツーリングしたいですね!

東日本電機開発(株)の水戸谷さんには、激レアバッジを頂きましたよ。。


IMG_3439


綾どれの鮎や、キュウリ!のコールドスープ(めちゃ美味しかったです!)、わくわくファーム定番のタイカレーで、綾地どれの野菜を堪能した後、綾の手紬染織工房へ


ここではハンカチの藍染め体験を皆さん楽しまれました。

秋山先生直々のご指導のもと、個性的な素敵なハンカチが出来上がってました。


その後は、我が陶房八十一へ。

暑い一日だったので、冷房もないところで恐縮だったのですが、幸い、風があったのでちょっとはよかったかな?(^^ゞ

蹴ろくろの作業風景を見学して頂き、ご希望の方2名には実際に体験をして頂きました。

いやあ、ろくろも初めて、言われる岩手のおもちゃ屋さん、なかなかどうしていい筋でした(^_-)


時間も少なく駆け足の綾旅でしたが、皆さん楽しんで頂けたでしょうか?

皆さん、震災も未だ終息していないところでしばしの休息をして頂けたでしょうか?

またぜひ綾町へ遊びにお越し下さい。


僕も機会がありましたら、ぜひ皆さんの住んでいる町へ、伺いたいと思います(^_-)

カリスマ案内人と行く綾旅〜コッコファーム様(熊本県菊池市)

今日は昨日の寒さから一気に春!というような暖かい一日でした。

明け方まで続いた雨もやみ、お客様をお出迎えにほんものセンターに出かけました。

今回のお客様は、熊本県菊池市にある「コッコファーム」の皆さん。

生産者の方々が綾の雛山とほんものセンターの視察に訪れました。


13_02_23kokkofarm01 13_02_23kokkofarm04


予定時刻より少々遅れて11時半の到着。

菊池を7時半に出られたそうで、長旅お疲れ様でした。

役場企画財政課係長の、ユネスコエコパーク登録についての説明を受け、10名ずつ4班に分かれていざ、綾旅の始まりです。

まずは最初の目的、ほんものセンター視察です。

今の時期、ほんものセンターは日向夏を始め、柑橘類が沢山出回っています。

コッコファームさんは、地元の生産者の直売所という、ほんものセンターと同様のコンセプトを民間で(!)長年されている企業だそうです。綾の場合、商工会が委託運営という形になっており、実質的に行政に寄るところが大きいのです。


次は「あゆの山水」での昼食。

ここの2階の座敷には、毎年大きさではおそらく一番の雛山が登場します。

今日の案内人も務めてくれた2代目主人、「かっちゃん」が説明してくれました。

お昼はこの時期だけの特別メニュー、「雛御膳」。

あゆの甘露煮.ニジマスの刺身が美味しかったです(^_-)


13_02_23kokkofarm03 13_02_23kokkofarm06


次に向かったのは、綾北川を挟んで向こう岸、「綾の手紬染織工房」さんです。

イギリスからお婿さんに来たロスくんが、ちょうど藍染め作業をしていました。


13_02_23kokkofarm08


現代の名工「秋山眞和」さんが主催され、毎年工夫を凝らした雛山を見せてくれます。


次は街中に移動し、「綾ふれあい館」「小野金物店」「南麓公民館」へ。

13_02_23kokkofarm15

南麓公民館では、この雛山まつり(今年で13回目になります)を主催している、商工会女性部の元部長、長友純子さんにお話しして頂きました。


次は最後の訪問地、「綾城」と「綾国際クラフトの城」へ。

13_02_23kokkofarm17 13_02_23kokkofarm18


本当は、もっとゆ〜〜くっり、ご案内できればよかったのですが、駆け足で申し訳なかったです。

次回はぜひ、ゆっくりと綾に遊びに来てくださいね。心を込めて、ご案内させて頂きます(^_-)


13_02_23kokkofarm21

案内人をして頂いた、みっちーとさわみちゃん。

お見送りをした後、観光案内所でお茶しました(^_-)