綾(広沢ダム)〜奈佐木峠〜綾南川ツーリング

5月12日、あまりの快晴に前から気になっていたツーリングに出かけました。
倉輪地区から広沢ダムへ抜け、浦之名川を遡って奈佐木峠へ、そこから更に登って七熊山東側を巻く林道を綾南ダムへ抜けて綾南川を降って帰ってくるルートです。


清々しい五月晴れ

9時過ぎに出立。ちょっと用事を済ませて、いざ。前回、4年前は上畑から倉輪へ登ったのですが、今回全面通行止めのため、宮ノ谷から二反野、倉輪へ。


ここから綾照葉大吊り橋へ。


二反野へ上がってきた。


宮ノ谷から二反野へは、いきなりの急坂が待っていますが、難なくクリア。場所によっては10%越えか。

牛舎や豚舎が並ぶ。


綾の山並みを望む。


二反野から倉輪地区へ。典型的な日本の田舎の風景。

倉輪地区


広沢ダム


倉話から登り詰めると広沢ダムに出ます。かなり大きなダム。
ここまで1時間ちょっと。
ダムに流れ込む浦之名川を辿るルートを取ります。

基本一本道ですが、途中分かれ道あり。上に行くルート下るルートがありますが、正解は下るルート。
一見、登る方が広くて正解の様に見えますが、散々登らされた挙句に行き止まりですので、注意。
地図では通り抜けられる様に見えますが、ゲートがあって通れません。

気を取り直して、広沢から県道401号線へ。
ここからは車線幅1.5の、渓流沿いを快適に走ります。

広沢から浦之名川へ。上流を望む。


広沢から浦之名川へ。下流を望む。


県道401号線。


標識有り。


この道が実に気持ちがいいのです。



どうです?

こんな感じの田舎道。車もほとんど通りません。
しばらく行くと、内山地区へ。

ここを右折。


小さな集落があります。

内山からこれから行く奈佐木峠方面を望む。


内山の集落が切れるところで、新しい2車線の道を登っていきます。
傾斜はまあまあ。距離は短いのでそんなにキツくはありません。平均8%くらいでしょうか。
しかし、車は少ない上に、景色は良い。自転車天国です。

お昼頃、奈佐木峠手前に到着。
ここから左折して下ると、小林〜須木のR265に出ます。
前回はそのルートを取ったのですが、今回は右折して七熊山を目指して更に登ります。

登ってきた奈佐木峠を振り返る。


傾斜は更にキツくなっていきます。場所によっては10%くらいのところも。
が、景色も更に素晴らしくなっていきます。

それにしても、2車線の立派な道で、道沿いにはカエデや桜が植林されています。車は2台しかすれ違いませんでした。典型的な税金の無駄遣いの様な道ですが、自転車野郎がありがたく利用させていただきます。

どうです!この景色!韓国岳方面を望む。


ひゃっほー!


ここでしか見れない、雄大なパノラマ。


途中、「塩の道」と言う謎の立て看あり。どうやら七熊山の登山口らしい

七熊山登山口




峠を過ぎると、綾南ダムのダム湖が見えてきた。


更にグイグイ登って行くと、峠らしき場所を越え、次は落ちていきます(笑)

遠くには大森岳が。

落ちていく・・・


大森岳を望む。


激坂を下ると、県道26号線に出ます。後は綾まで下るだけ。

樹間から綾南ダムが見えます。


15時に上畑の「やわらや」さん到着。コーヒーを頂いて、心地よい疲れに浸りました。

本日の走行距離 80km
平均速度 16.3km/h
最高速度 45.3km/h

多古羅林道ツーリング

突然ですが、ちょっとむしゃくしゃすることがあり (笑)(人間だもの)、かねてから行こうと思っていた「多古羅(たこら)(綾南)林道」にツーリングに出掛けてきました。
秋晴れの最高の天気!

多古羅地区は、綾町から小林市須木村に入ってすぐ、多古羅川を登ったところにあった集落です。
昭和初期から40年代初頭まで、小中学校もあり数百人の人口を抱えていたそうです。主に林業の人たちの集落だったそうです。
(蛇足ですが、子供の頃に多古羅に住んでいた長老の話だと、その当時にヤマビルは居なかった、そうです。今はヤマビルの巣とも言われる綾の山ですが・・・)

さて10時に自宅を出発。
快調に照葉大吊り橋を目指します。

takora14_10_2703

「照葉樹林」というだけあって、年中青々してるんですが(笑)、さすがにちらほら紅葉したり落葉したりしている木々も見られます。

takora14_10_2701さあ、急登の始まりです。遠くに吊り橋が見えます。

takora14_10_2702
さすがに月曜の午前中だけあって、誰もいません。いつもたくさんの人出なんですけどね。
いやあ、この景色を独り占め出来るなんて、快感だなあ(・ε・)/

と思っていたら、後方から観光バスが。
(「あーららら。団体さんのお着きだぁぁ」fromカリオストロの城。失礼しました)

・・・気を取り直して。
吊り橋入り口〜川中神社入り口〜町村境を越えて少し行ったところに、林道入り口があります。

takora14_10_2705正式名称は「綾南林道」だそうです。

今回の相棒はARAYA Muddy Fox。MTBです。
20年ほど前のアルミフレームを、ヤフオクで3000円ほどで手に入れ自分で組み上げたものです。
サスなどありません。ブレーキもカンティです。今時の?21段です。
いいんです。ダートツーリング専用ですから。
名前は・・・「Miss.Marble」。今決めました。
ちょっと80年代っぽい?サイケなカラーリングと、なぜか「ミス・マープル」が頭に浮かんだので。

(8月のツーリングで、メインのクロスバイク「Snow Goose2世号」で林道ツーリングはちょっと大変でした)

takora14_10_2704ここまで1時間ちょっと。
途中仕入れた、「伊井菓子店」の「いこもち(炒り粉餅)」をおやつに。
このお菓子、この辺りに昔からある素朴なもので、程よい甘さがおいしいですよ(^_-)

さて、休憩の後は、いよいよダートコースが待っています。

takora14_10_2706なかなか荒れた道が楽しませてくれます。
傾斜はさほどきつくはありません。
うっすら汗もかいてきましたが、木陰や山陰に入ると、ひんやりします。11月も、もうすぐです。

takora14_10_2707

12時過ぎに昼食。
今朝炊いた玄米をおにぎりにして持ってきました。
塩のみ。唐津の中里隆先生に頂いた、有明のりがうまい。
まあ、こういうシチュエーションでは、何でも美味いんです。

あんまり長く休憩すると逆に疲れがたまるので、15分ほどで出立。
快調に登って行きます。

途中、大森岳の登山口に、2台の作業車が。どうやら電気関係みたいです。

すると、道の先に待ち受けていたものは?!?!?

takora14_10_2708先日の「超巨大台風」19号の爪痕でしょうか。
見事に道が塞がれていました。
19号、心配してた割に大したこと無かった、と思っていましたが、しっかり仕事をして行ったようです。

バイクを担ぎ上げて行けなくもなかったのですが、今回は突発的なものであったので、潔く撤退を決めました。
ここで、今回の冒険旅行は終わったのです。

・・・というわけにはいきません。
ダートは、上りより下りの方が疲れるんです!!

takora14_10_2709しょうがないので、コーヒタイム。

takora14_10_2710この向こうに、綾町の最高地点、大森岳があります。「綾の照葉樹林」の最深部でもあります。

さて、一服ついた後、下りに掛かりました。
ガタガタです。サドルにお尻は付けられないので、中腰です。膝が笑ってます。
腕はしびれてます。
1時間かけて登った道を30分かかりました。
舗装路なら多分10分でしょう。

県道26号線に戻り、町まで下ります。
今までのうっぷんを晴らすがごとく、ワインディングロードを時には時速40キロ超で駆け下ります。
(さすがに吊り橋直下の坂はちょっと怖い)

ちょっと物足りない感は残りましたが、気持ちよかったです〜!
次回、崖崩れ箇所が開通した後が楽しみです(^_-)

春の訪れ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

ここ南日か台風のような強風が吹き続けた宮崎ですが、昨日はさほど風も強くなく、気温は低めなものの、穏やかに晴れた一日でした。

なかなか春の陽気が来ませんが、それでもうちの花は芽吹いています。

しかし、今年は山桜とソメイヨシノ、利休梅がいっぺんに咲いたりと、花たちもタイミングをとるのに苦労しているようです(^^ゞ


「あゆの山水」さんと「綾の手紬染織工房」に行って来ました。

今日は「あゆの山水」さんと「綾の手紬染織工房」のひな山を見に立ち寄りました。



鮎の山水さんでは、毎年2回にある大広間のステージ全面を使って、巨大なひな山を作られています。



なんと小さな池まで!



綾の手紬染織工房さんでは、工房で養殖している繭を使ったひな山。



繭で作られたひな人形です(^_-)

「綾旅」は明日も開催。

午前10時までに観光案内所に集合。おひとり様¥1,000-です。

ひな山はもちろん、綾町の隠れスポットをご案内致します。

工房巡りもございます。いろんなグルメスポットもあり。

お問い合わせは興梠(こうろぎ):090-7539-9731まで。


ひな山まつり始まりました

いよいよ綾町の一大イベント、「綾ひな山まつり」が始まりました。



西麓公民館を中心に、町内外21個所にひな山が設置されています。

オープニングセレモニーの様子。

商工会女性部の皆さんが中心になって、開催されています。



甘酒で乾杯です。

この後、会場に来られた方々にも振るわれました♪



裏では、着物に割烹着姿でてんやわんやでおもてなしの準備が。



こちらは「おの金物店」のひな山。

毎年趣向を凝らした山を作られます。

「綾旅」はひな山期間中、実施しています。

午前10時までに観光案内所に集合〜町内各所をご案内

おひとり様¥1,000-