カリスマ案内人と行く 綾旅 地域通貨勉強会vol.12

今回は、

「アベノミクスを“増えるお金”の観点から読み解く」という命題にしてみました。


アベノミクスは2012年12月26日より始まった第2次安倍内閣において、安倍首相が表明した”3本の矢”を柱とする経済政策のこと。政策の最大目標を経済回復と位置づけ、デフレ脱却を達成するために日銀法の改正まで視野に入れたものです。   巷でも、町に膨大な予算が下りてきたり、公共事業が増えるなど、その効果が現れているようです。一方で、思ったほどの効果が出ていないとの評価もあったり。


  しかし、その効果を本当に評価できるのはまだもう少し先のようです。 この勉強会では、常々「社会の根幹を為す“増えるお金”にこそ、様々な現代の問題の原因が潜んでいる」としてきました。その観点から言えば、アベノミクスはどう評価されるのか。 このことを、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。  お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。


  出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。  「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。


 月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-)


場所:小野邸 綾町北俣990(麓地区) 

麓幼稚園と麓公民館の中間(綾幼稚園向かい) 車は5台くらいは駐車できます。


連絡先:興梠 090-7539-9731 興梠智一(元綾町商工会青年部部長)