地域通貨について勉強会を開催します

この度「カリスマ案内人と行く 綾旅」事務局では、地域通貨についての勉強会を実施していくことになりました。

地域通貨ってなに?

地域通貨とは、簡単に言えば自分たちで作ったお金を自分たちで使って行こう、ということです。

普段私たちが使っているお金、日本の場合は「円」ですが、このお金に矛盾があるということを知っていますか?

例えば、一本の人参が100円だとしますと、その人参は明日は90円、あさっては60円、というように価値が下がって行きますよね?これは人参が段々と腐って行くからです。

機械でも同様に、錆びたり摩耗していくので時間と共にその価値は減少していきます。

しかし、お金は時間と共に増えますよね?(預金を考えてみてください)

あれ?なんだかおかしいな?と思いませんか?

私たちの日常生活でお金ほど密着し便利なものはありませんが、また一方で、お金に振り回されることも多いですよね〜

そこで、地域通貨の出番、というわけです。

お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。

出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。

「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。

月一回を目安に、今後定期的に開催して行くつもりです。

お気軽にご参加ください(^_-)

場所:陶房八十一 綾町入野4815-1

時間:10月15日(月)19時くらいより

参加は無料です。

連絡先:興梠まで 090-7539-9731 ayatabi@yasoichi.jp

興梠智一(綾町商工会理事)

使用した資料です。自由にご使用ください。書物、インターネット上から資料を引用させて頂いきました。この場を借りて、引用先の皆様に感謝申し上げます。 

PDF(11.7MB)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください