さいと自転車大学に参加してきました。

今日は秋晴れのいい天気。皆さん、いかがお過ごしになられたでしょうか?

さて私は西都市で開催された「さいと自転車大学」の一講座、「自転車観光の魅力とは?パート2講演会」に参加して来ました。もちろん、自転車で!

レンタサイクルと、サイクリングツアーをドッキングさせた先進的な観光プランで注目されている京都サイクリングツアープロジェクト(KCTP)の代表、多賀 一雄氏の講演会。

海外の事例を引き合いに、主に自転車先進国であるヨーロッパ各国の道路事情と日本の比較から、自転車を使った観光事業の可能性まで、非情に中身の濃い授業でした。

過去の綾旅では、私が案内人を務めさせて頂いた時は、自転車でご案内致しました。

綾という街は、自転車で散策するのにちょうどいい大きさなのです。

確かに登り坂もありますが、現在ほんものセンターで扱っているいわゆるママチャリのレンタサイクルではなく、多段式のギヤのついた自転車であれば老若男女問題なく廻れるのです。

ちょうど私が考えていた綾での観光スタイルの先行例として、非情に有意義な時間を過ごさせて頂きました。

午後からは、米良街道を民宿「かたすみ」までのサイクリング。

多賀さんはKCTPの主力機「銀輪号」での参加。この銀輪号、そのママチャリ然とした佇まいに騙されてはいけません。かなりの実力を秘めています!

「かたすみ」のお女将さんにお茶とお菓子をふるまって頂きました。山菜の漬け物がうめかった〜

帰路は、西都市穂北より広域農道を三財方面へ。無事、帰綾いたしました。

本日の走行時間3時間55分、走行距離79.9キロ(^_-)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください