多古羅林道ツーリング

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`evernote` not found]

突然ですが、ちょっとむしゃくしゃすることがあり (笑)(人間だもの)、かねてから行こうと思っていた「多古羅(たこら)(綾南)林道」にツーリングに出掛けてきました。
秋晴れの最高の天気!

多古羅地区は、綾町から小林市須木村に入ってすぐ、多古羅川を登ったところにあった集落です。
昭和初期から40年代初頭まで、小中学校もあり数百人の人口を抱えていたそうです。主に林業の人たちの集落だったそうです。
(蛇足ですが、子供の頃に多古羅に住んでいた長老の話だと、その当時にヤマビルは居なかった、そうです。今はヤマビルの巣とも言われる綾の山ですが・・・)

さて10時に自宅を出発。
快調に照葉大吊り橋を目指します。

takora14_10_2703

「照葉樹林」というだけあって、年中青々してるんですが(笑)、さすがにちらほら紅葉したり落葉したりしている木々も見られます。

takora14_10_2701さあ、急登の始まりです。遠くに吊り橋が見えます。

takora14_10_2702
さすがに月曜の午前中だけあって、誰もいません。いつもたくさんの人出なんですけどね。
いやあ、この景色を独り占め出来るなんて、快感だなあ(・ε・)/

と思っていたら、後方から観光バスが。
(「あーららら。団体さんのお着きだぁぁ」fromカリオストロの城。失礼しました)

・・・気を取り直して。
吊り橋入り口〜川中神社入り口〜町村境を越えて少し行ったところに、林道入り口があります。

takora14_10_2705正式名称は「綾南林道」だそうです。

今回の相棒はARAYA Muddy Fox。MTBです。
20年ほど前のアルミフレームを、ヤフオクで3000円ほどで手に入れ自分で組み上げたものです。
サスなどありません。ブレーキもカンティです。今時の?21段です。
いいんです。ダートツーリング専用ですから。
名前は・・・「Miss.Marble」。今決めました。
ちょっと80年代っぽい?サイケなカラーリングと、なぜか「ミス・マープル」が頭に浮かんだので。

(8月のツーリングで、メインのクロスバイク「Snow Goose2世号」で林道ツーリングはちょっと大変でした)

takora14_10_2704ここまで1時間ちょっと。
途中仕入れた、「伊井菓子店」の「いこもち(炒り粉餅)」をおやつに。
このお菓子、この辺りに昔からある素朴なもので、程よい甘さがおいしいですよ(^_-)

さて、休憩の後は、いよいよダートコースが待っています。

takora14_10_2706なかなか荒れた道が楽しませてくれます。
傾斜はさほどきつくはありません。
うっすら汗もかいてきましたが、木陰や山陰に入ると、ひんやりします。11月も、もうすぐです。

takora14_10_2707

12時過ぎに昼食。
今朝炊いた玄米をおにぎりにして持ってきました。
塩のみ。唐津の中里隆先生に頂いた、有明のりがうまい。
まあ、こういうシチュエーションでは、何でも美味いんです。

あんまり長く休憩すると逆に疲れがたまるので、15分ほどで出立。
快調に登って行きます。

途中、大森岳の登山口に、2台の作業車が。どうやら電気関係みたいです。

すると、道の先に待ち受けていたものは?!?!?

takora14_10_2708先日の「超巨大台風」19号の爪痕でしょうか。
見事に道が塞がれていました。
19号、心配してた割に大したこと無かった、と思っていましたが、しっかり仕事をして行ったようです。

バイクを担ぎ上げて行けなくもなかったのですが、今回は突発的なものであったので、潔く撤退を決めました。
ここで、今回の冒険旅行は終わったのです。

・・・というわけにはいきません。
ダートは、上りより下りの方が疲れるんです!!

takora14_10_2709しょうがないので、コーヒタイム。

takora14_10_2710この向こうに、綾町の最高地点、大森岳があります。「綾の照葉樹林」の最深部でもあります。

さて、一服ついた後、下りに掛かりました。
ガタガタです。サドルにお尻は付けられないので、中腰です。膝が笑ってます。
腕はしびれてます。
1時間かけて登った道を30分かかりました。
舗装路なら多分10分でしょう。

県道26号線に戻り、町まで下ります。
今までのうっぷんを晴らすがごとく、ワインディングロードを時には時速40キロ超で駆け下ります。
(さすがに吊り橋直下の坂はちょっと怖い)

ちょっと物足りない感は残りましたが、気持ちよかったです〜!
次回、崖崩れ箇所が開通した後が楽しみです(^_-)

コメントを残す