綾(広沢ダム)〜奈佐木峠〜綾南川ツーリング

5月12日、あまりの快晴に前から気になっていたツーリングに出かけました。

倉輪地区から広沢ダムへ抜け、浦之名川を遡って奈佐木峠へ、そこから更に登って七熊山東側を巻く林道を綾南ダムへ抜けて綾南川を降って帰ってくるルートです。


清々しい五月晴れ

9時過ぎに出立。ちょっと用事を済ませて、いざ。前回、4年前は上畑から倉輪へ登ったのですが、今回全面通行止めのため、宮ノ谷から二反野、倉輪へ。

ここから綾照葉大吊り橋へ。

二反野へ上がってきた。

宮ノ谷から二反野へは、いきなりの急坂が待っていますが、難なくクリア。場所によっては10%越えか。

牛舎や豚舎が並ぶ。

綾の山並みを望む。

二反野から倉輪地区へ。典型的な日本の田舎の風景。

倉輪地区

広沢ダム

倉話から登り詰めると広沢ダムに出ます。かなり大きなダム。

ここまで1時間ちょっと。

ダムに流れ込む浦之名川を辿るルートを取ります。

基本一本道ですが、途中分かれ道あり。上に行くルート下るルートがありますが、正解は下るルート。

一見、登る方が広くて正解の様に見えますが、散々登らされた挙句に行き止まりですので、注意。

地図では通り抜けられる様に見えますが、ゲートがあって通れません。

気を取り直して、広沢から県道401号線へ。

ここからは車線幅1.5の、渓流沿いを快適に走ります。

広沢から浦之名川へ。上流を望む。

広沢から浦之名川へ。下流を望む。

県道401号線。

標識有り。

この道が実に気持ちがいいのです。

どうです?

こんな感じの田舎道。車もほとんど通りません。

しばらく行くと、内山地区へ。

ここを右折。

小さな集落があります。

内山からこれから行く奈佐木峠方面を望む。

内山の集落が切れるところで、新しい2車線の道を登っていきます。

傾斜はまあまあ。距離は短いのでそんなにキツくはありません。平均8%くらいでしょうか。

しかし、車は少ない上に、景色は良い。自転車天国です。

お昼頃、奈佐木峠手前に到着。

ここから左折して下ると、小林〜須木のR265に出ます。

前回はそのルートを取ったのですが、今回は右折して七熊山を目指して更に登ります。

登ってきた奈佐木峠を振り返る。

傾斜は更にキツくなっていきます。場所によっては10%くらいのところも。

が、景色も更に素晴らしくなっていきます。

それにしても、2車線の立派な道で、道沿いにはカエデや桜が植林されています。車は2台しかすれ違いませんでした。典型的な税金の無駄遣いの様な道ですが、自転車野郎がありがたく利用させていただきます。

どうです!この景色!韓国岳方面を望む。

ひゃっほー!

ここでしか見れない、雄大なパノラマ。

途中、「塩の道」と言う謎の立て看あり。どうやら七熊山の登山口らしい

七熊山登山口

峠を過ぎると、綾南ダムのダム湖が見えてきた。

更にグイグイ登って行くと、峠らしき場所を越え、次は落ちていきます(笑)

遠くには大森岳が。

落ちていく・・・

大森岳を望む。

激坂を下ると、県道26号線に出ます。後は綾まで下るだけ。

樹間から綾南ダムが見えます。

15時に上畑の「やわらや」さん到着。コーヒーを頂いて、心地よい疲れに浸りました。

本日の走行距離 80km

平均速度 16.3km/h

最高速度 45.3km/h



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください