カリスマ案内人と行く綾旅 地域通貨勉強会vol.15

平成26年1月13日19時より 参加無料


今回から数回にかけて、「エコパークでの地域通貨の役割」について皆さんとお話しさせていただきたいと思います。  


綾町を中心とした地域がユネスコのエコパーク(生物圏保護区)に指定されてから1年と半年が経ちました。

「エコパーク」とは、生態系の多様性を保持しながら、「人間と生物圏との相互間の均衡が取れた関係を明示すると同時に進展させる」ことも目指すモデル地域のことです。 周知の通り、綾町は高度経済成長期において,経済性よりも自然を保護することに寄って町作り、町興しを先駆的に実践してきました。そのことの評価が今回のエコパーク認定であることは間違いないことです。


 確かに森を守ることは40年ほど前から取り組まれてきたことですが、その先の一歩が踏み出せていないのではないでしょうか。

 ではその先の一歩とは何でしょうか。それはまさしく「自然と共生するための経済システムの構築」です。

​  それは、今まさに世界中で求めれている経済システム、貨幣資本主義ではなく人間・自然中心の経済システムです。


 お金は実に単純なことなんですが、単純なだけに意外とその小さな矛盾に気付かないものです。 出来るだけ多くの人とお金について話し合えたらな、と思っています。 「綾旅」も地域通貨との連動を視野に入れていますので、それについてもいろんな意見を伺えたらな、と思っています。ここでの話し合いは、綾だけでなく、あなたの町でも通じることです。


 月一回を目安に、定期的に開催しています。お気軽にご参加ください(^_-) 場所:綾町麓地区 小野邸綾町北俣990(麓地区) 麓幼稚園と麓公民館の中間(綾幼稚園向かい) 車は5台くらいは駐車できます。 連絡先:興梠 090-7539-9731  興梠智一(元綾町商工会青年部部長)